20代から見た婚活のイメージ

今の時代、結婚というものに対しての意識がものすごく低いようにように感じる。実際私も20代だが結婚というものに対しての興味は皆無に等しい。

仕事中心の生活なっているし、仕事以外でも家の中にいる機会が多いため出会いというものに無縁の生活を送っているということが大きな原因のように感じる。もっといえば、その状況にあまり不満はないし、もし結婚して今のこの状況が変わってしまうのであれば、このまま独身でいいとさえ思っている。

そう考えている人は少なくないのではないのだろうか。

たしかに、自分の周りを見てみると職場の人や友人が結婚していくことは最近よく聞くことが多い。そのたびに自分の将来のことを考えてしまうのも事実である。

しかし、結局はそんなこと忘れてしまい、毎日同じような生活を送っている。もちろん、婚活というアクションも起こしていないし、今のこの状況を変えようとも思っていない。

これから先、30代、40代になっていくにつれて自分の状況も少なからず変化していくだろうし、それと同時に結婚に対する向き合い方も変わっていくのであろう。

今の自分の感覚では、結婚とは恋愛の延長線であり婚活している人のように、自分からアクションを起こすものではないと感じている。婚活するならお見合いしてお見合い結婚するほうがいいように思う。

イメージ的に婚活はお見合いに比べてお金と時間がかかるように感じるし、自分に合った相手を探すのは困難なように感じる。

コメントを残す