私のアラサー時代のゆるい婚活

女性にとって、30歳というのは非常に大きな年齢のステップになります。特に結婚を考えて婚活を行っている女性にとって、自分が20代か30代かというのは非常に大きな問題です。アラサーというのはこの30歳を真ん中にした、婚活女子にとっては非常に勝負な期間です。今では昔と違って30歳を過ぎても結婚していない女性は珍しくないですし、実際私の周りにもたくさんいました。ですが、結婚する人の一番多い年代は後半とはいえ20代ですし、自分の肌の調子や体力的な面からもできれば20代のうちに結婚しておきたいと大抵の人は思うのではないでしょうか。そうはいっても、私の場合は、もともと30歳までは結婚したくなく、30歳から35歳の間に結婚するのが夢でした。なので、アラサー年齢のうちに結婚相手を選びたいと思い、それにつながるようにと、合コンを企画したり参加したり、紹介してもらったりするなどの婚活に励んでいました。たまたま同じような年齢の人たちが多く勤める職場にいたおかげで、サークル活動なども盛んでしたし、色々な出会いがあり、飲み会も良くおこなわれていました。同じような歳の独身の友人も男女問わずたくさん作ることができました。同年代の友人の中では、婚活としては、ゆくゆく結婚してくれる人との出会いしか認めない人もいましたが、私は、とりあえずたくさんの人と出会って、その中でなんとなくうまくいけばいいなと思っていました。それが私の婚活スタイルだったと言えます。結局35歳までの結婚は果たせませんでしたが、36歳になってすぐ結婚しました。アラサーの婚活時代に出会った友人たちとは男女問わず今も仲良くして一緒に遊ぶ仲です。婚活といえばお見合いパーティとか毎週合コンとかが話題に上がりますが、こんなゆるい婚活も面白いと思います

コメントを残す